古代ギリシャの神々-The gods of Greece

The initial stage of Greek mythology

First, the initial stage in Greek mythology does not have any form, and the world begins from the place which is chaos. The goddess of one person borne by this chaos is symbol Gaia of the ground. Goddess Gaia is blessed with heavenly God Uranos, marine God Pontus, dark God Erebus, and four children of the God Eros of love after that.

And in after years, goddess Gaia will marry God Uranos of the heavens which are their children at influence of the God Eros of the grown-up love, and Uranos serves as gods' king. Six men and women's child is born between these two persons, those children also grow up to be forcible gods, and it comes to be soon referred to as TITAN.

However, Uranos which is a father will dislike these children very much, and it will shut up into the great deficit finally made in the ground. To this action, Gaia which is a mother is lamented very much, and comes to have a grudge to Uranos.

It asks that I want Gaia which made up its mind to push down Uranos to children with the scythe which he made. Then, Cronos, the youngest child, would stand as a candidate, and it will receive a scythe from a mother.

Cronos went to the origin of Uranos with the scythe, and it succeeded in making a deep crack follow to Uranos splendidly the night. In response to this incident of a series of, Uranos serves as last thing from the origin of Gaia. He goes away and leaves the word "you can also turn down the throne to your son soon" towards Cronos in the case.

Cronos's throne

Cronos who came to the throne will marry rare and will be blessed with five children. However, the language of the last of Uranos which is a father will never separate flatly, but will understand one children after another out of the uneasiness.

Next, the child who bears and comes decides to keep protecting absolutely. And when I would have brothers' enmity understood until now shot, it promised the heart. In the case of childbirth, rare separates from Cronos as much as possible, and bears a baby in Crete. and a cave is deep, a baby is boiled and she hides him so that it may be found by nobody, and she returns to Cronos's origin.

Rare puts a stone in baby clothes instead of the born baby, and passes it to Cronos. Cronos does not confirm inside as it is, but has swallowed the stone.

ギリシャ神話について

ギリシャ神話と一口にいっても確固たる決まった逸話があったわけではなく、古代ギリシャ人が考えた世界の創造やその神々にまつわる神話が、ギリシャ近辺の諸国に広がり、その伝承や伝聞の中で脈々と物語が形成されていったものといわれています。

まずギリシャ神話での創成期は、何の形もなくドロドロとして塊で、世界はカオス(混沌)であるところから始まります。このカオスから生まれた一人の女神が大地の象徴ガイアです。その後女神ガイアは、天の神ウラノス、海の神ポントス、暗黒の神エレボス、愛の神エロスの4人の子どもを授かります。

そして後年、成長した愛の神エロスの働きかけで女神ガイアは自分の子どもである天の神ウラノスと結婚することとなり、ウラノスが神々の王となります。この二人の間には男女6人の子どもが生まれ、その子どもたちも力強い神々に成長しやがて巨神(ティターン)と呼ばれるようになります。

しかし、この子どもたちを父であるウラノスは非常に嫌い、ついには大地に開けた大穴の奥へと閉じ込めてしまうこととなります。この行動に対して、母であるガイアはとても悲しみそしてウラノスに対して恨みを持つようになります。

意を決したガイアは、子どもたちに対して、自分の作った大鎌でウラノスを倒して欲しいと頼みます。そこで名乗りを上げたのは末っ子のクロノスで、大鎌を母から受け取ることとなります。

その夜、クロノスは大鎌をもってウラノスの元へ赴き、見事にウラノスへ深傷を追わせることに成功しました。この一連の事件を受けて、ウラノスはガイアの元から去ることとなります。去り際、ウラノスはクロノスに向けて「やがてお前も自分の息子に王位を退けられる」という言葉を残していくのです。

クロノスの王位以降

王位についたクロノスはレアと結婚し、ヘスチア、デメテル、ヘラ、ハデス、ポセイドンという5人の子どもを授かることとなります。しかしながら、父であるウラノスの最後の言葉がどうしても頭から離れず、その不安のあまり子ども達を次々と飲み込んでしまいます。

これを悲しんだ妻であるレアは、次に生まれくる子どもは絶対に守り通し、これまでに飲み込まれてしまった兄弟たちの仇を討ってもらおうと心に誓いました。出産の際、レアは出来る限りクロノスから離れ、クレタ島で赤ん坊を産み落とすことなります。そして誰にも見つからないように洞窟の奥深くへと隠してクロノスの元へと戻ります。

クロノスの元へと戻ったレアは、生まれた赤ん坊の代わりに石を産着の中に入れてクロノスへと渡します。クロノスはそのまま中を確かめず、石を飲み込んでしまいました。クロノスはその後も兄弟である巨神(ティターン)達と共に世界を荒らす横暴が続いていました。

クロノスの子どもゼウス

レアの機転によりその命を繋いだ子どもこそがゼウスです。彼は洞窟の中でニンフ(妖精)たちに育てられ、強く逞しい男へと成長していきます。そしてゼウスは女神メティスへの元へ赴き、クロノスに飲み込まれてしまった兄弟をどうにかして救えないかと頼み、吐き出させることを画策することとなります。

女神メティスはクロノスに薬を飲ませ、飲み込まれてしまった兄弟たちを救うことに成功しました。そして、ゼウスと共にオリンポス山へと向かいクロノスとの戦いが始まることとなります。対するクロノスは、兄弟である巨神(ティターン)達と共にオッサ山にその居を構え、それから10年間ものあいだゼウスたちと戦いを続けることとなります。

この戦いを見守っていた全ての母であるガイアは、実の子ども達であるクロノスや巨神(ティターン)のこれまでの横暴を非常に悲しんでいました。そのため、ゼウス達に加担すべく、大地の底に閉じ込められている巨人「ヘカトンケイル」と「キクロペ」の事を教え、彼らを救い出して味方につけることを勧めました。

こうしてゼウスたちは彼らを救い出し、大きな味方を付けることとなります。3人のヘカトンケイルはそれぞれが100本の腕を持ち、その手で大岩を投げつけました。3人のキクロペは、大地の底から持ってきた雷と稲妻をゼウスに与えました。

この大きな戦力を得たゼウスたちはついにクロノス達に討ち勝ち、クロノス達を闇の世界タルタロスに閉じ込めることに成功します。大きな鉄の扉がはめ込まれたタルタロスの城門は、ゼウスたちと共に戦ったヘカトンケイルが見張る事となりました。

ゼウスは世界を二人の兄と分かち合うことを決め、自分は天を治め、ポセイドンは海を治め、そしてハデスは地下の世界を治めることとし、最後に大地はどの神のものでもない皆の物としました。

こうして、結果的にクロノスの父であるウラノスの言葉通りとなり、クロノスも自分の子どもであるゼウスからその王位を奪われることとなります。世界を荒らし回ったクロノスの時代は終わり、その後オリンポスの神々の時代へと移っていくのです。


since2005Copyright © The gods of an ancient Greece myth | ギリシャ神話とiphoneの魅力